墓じまい

墓じまいをすることは現代ではメリットが多いので検討が必要

墓じまいというのは費用がかかる

何事も今は費用画家かかるような時代であるといっても過言ではないでしょう。それは墓じまいなどにもいえることなります。そもそもこの墓じまいとは一体なんであるのか、といいますと要するに持っている墓を終えることになります。
墓というのは維持費がかかることになりますし、あればキチンと供養をしないといけないと思うことでしょうからそれが負担になっている、ということがあるのです。そこが問題になっており、墓じまい、というのが終活の一つとして取りざたされている、ということになります。実際、これで心理的な負担がかなり軽くなった、と考える人が多くいるのです。しかし、これには費用が結構かかることになります。何故かといいますとそれはまず墓を撤去する必要性があるからです。ですから、基本的にはかなりのお金を用意しておく必要があります。
新しいところに改葬するとなりますとどうしても数十万円単位が必要になってしまうのでこれは覚悟しておきましょう。しかし、どうしても終活のためには必要になることがありますから、これはよく理解しておいたほうがよいでしょう。墓じまいというのは、まずは費用がかかる、ということをよく認識しておいたほうがよいのです。

沢山の墓の管理は無理なので墓じまいを検討

今、墓じまいする方が増えているとテレビの情報番組で放送されていた事があり、親族の墓の事における、ある事の切っ掛けで自分自身の将来の課題だなと最近思う様になりました。切っ掛けと言うのは、実父が私も含めた三人の自分の子供に何も相談もせず、勝手に自分の入るお墓を買ってしまった事です。しかも三姉妹の長女の私に墓の管理者になって欲しいとの断りが一切無かったのです。親のお墓を守るのは長女なのだから、親のお墓位面倒を見たら?と言われればそれまでなのですが、これにはある事情があります。
まず、わたしの夫も長男であり夫の田舎の実家には、代々伝わるお墓が存在しており、もしかするとそこの墓守をしなければいけないかも知れないこと。二つ目に私の実家の父方の祖父母の墓が祖父母の生まれ故郷のお寺さんにある事。自分の入る墓を勝手に作った父親はそこには入らず、今は一応祖父母の墓の管理者になっています。三つ目に実母は一人っ子で母方の祖父母の入っている墓の管理者である事。
お分かりの様に、このままで行くと将来両親が亡くなった時自分は4基のお墓の面倒を見なくてはならなくなる可能性があるのです。現実的に考えるとどれかを墓じまいしないと後を次ぐ私の息子の事を考えても無理な状況なのです。お墓に優先順位を付けたくありませんが、まだ、誰も入っていていない父親のお墓をまずは、墓じまいするしかないかな?と考えています。

墓じまいではどんなことをするのか

墓じまいというのは、墓を終えるという行為になります。ですから、まずは寺などに申込みをすることになります。そして、役所などに手続きを出すことになります。ですから、意外と手間がかかることになります。
そして、墓を撤去することになりますからその費用もかかることになります。当然、遺骨を移す先によってはさらに費用が嵩むことになります。そこまでして、どうして墓じまいをするのか、といいますとそれはなんといっても終活の一つであるからです。つまりは、もう自分は供養をすることができない、或いは後継者がいない、というような人においては墓じまいをしようとすることが増えてきているのです。墓じまいにはやり方がたくさんあるわけではないのです。具体的にいいますととにかく墓を撤去する、ということになるからです。
墓じまいをするときには意外と費用がかかるのでまずはそれをよく知っておきましょう。撤去費用は墓石の処分、更地にする必要、そして魂抜きなどの供養などをする費用になります。こうしたことによって、墓じまいをすることができるようになります。墓というのは、どうしても維持するのにお金がかかります。それをなくせるのが墓じまいです。

墓じまいで一番最初にやること

墓じまいをするときに、一番最初にやることは何でしょうか。実は「お墓探し」なのです。墓じまいとお墓探し。並べてみると、全く正反対のことのように感じるかもしれません。ですが、墓じまいとは「今のお墓を撤去して、墓地を更地に戻すこと」です。当然、埋葬されている遺骨も取り出さなくてはいけません。取り出した遺骨の納め先を探す必要がありますので、「お墓探し」が必要となるわけです。 また、すでにお墓に入ってる遺骨を他の場所へ移すことを改葬(かいそう)と呼びますが、改葬をするためには今のお墓がある地域の自治体から許可証をもらわなくてはなりません。改葬許可書が無ければ、改葬先で納骨ができないのです。そして、改葬許可書には改葬先の墓地の管理者の署名や、改葬先の使用許可書が必要になりますので、まずは遺骨の改葬先が決まらないと墓じまいをしても「遺骨の納め先がなくて家に置いておくしかない」ということになりかねません。 墓じまいをする際の改葬先として多いものが、今のお墓がある墓地や霊園の合祀墓あるいは合葬墓と呼ばれる共同のお墓です。こうしたお墓では、他人の遺骨と一緒に骨を土に還すように埋葬します。他にも、樹木葬や永代供養墓、散骨など墓石を建てないタイプのお墓が改葬先として人気です。


墓をずっと維持・管理していくのは大変なものです。高齢化社会の問題も相まってかなり苦労している方も多いようです。そんな方には美匠の墓じまいを提案いたします。ご先祖様に失礼のないような、丁寧な墓じまいなら心配することなく墓の維持・管理の問題も解決することができます!。

TOP